実績紹介「チーズ製造メーカー パッケージデザイン Part4」

Design-lab

03-6869-1630

〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F

実績紹介「チーズ製造メーカー パッケージデザイン Part4」

スタッフブログ

2018/12/25 実績紹介「チーズ製造メーカー パッケージデザイン Part4」

皆さまこんにちは。

「Design-lab」実績の中から今回も前回に引き続き「チーズ製造メーカー パッケージデザイン」の事例をご紹介します。

 

いつも通理まずはしっかりヒアリング。

マーケティング・商品企画のご担当者から、商品特徴・ターゲット・競合商品・商品化になった経緯など打ち合わせを行います。

今回は、競合会社も発売している人気のあるカテゴリーの新商品でした。

商品は「SMOKED CHEESE」。

 

 

マーケティング調査を見ていると、お酒のおつまみシーンで食される方が圧倒的に多く、

また競合商品に満足を得ていない状況でした。

まだまだマーケットに新商品を投入しても購入につながるチャンスがあるカテゴリーでした。

 

お酒のおつまみとして食すシーンが多いので、

「プレーン」「ブラックペッパー」「ハラペーニョ」この3つのフレーバーを発売することに。

今回もわかりやすく直球に生活者にお伝えしたいと思いましたので、

デザインコンセプトは「ストレート & シンプル」にしました。

よって商品名・味・イメージ画像、この3つのみをパッケージデザインに盛り込みました。

イメージは3つフレーバーをわかり易くしたかったのでそれぞれカラーを変えました。

 

パッケージデザインは生活者とのコミュニケーションツールにおきな役割を果たしますので、

わかりやすく、興味を抱くパッケージデザインでなければなりません。

商品は生活者が興味・関心を抱くかどうか、また買いたいと思うかどうか、

メーカーの思いも大切ですが、結局購入は生活者が決定することなのです。

ではそうすれば購入していただけるのか?

購入に至るまでには、興味関心・共感・確認・購入という人間心理あって購入行動に至ります。

まずが興味関心を持っていただけなければ店頭で手に取ってもらえません。

そこで大切なのがいかに生活者心理にマッチしたパッケージデザインが制作できるのか。

私たちはそういうことに重点をおきながらパッケージデザイン制作を行います。

 

 

「パッケージデザイン」でお困りの企業様は是非「Design-lab」にお問い合わせ下さい。

親切丁寧にデザイン制作させて頂きます。

●東京のデザイン会社「Design-lab」

Mail:info@design-lab.jp

TEL:03-6869-1630

 

qbb_smokedcheese

TOP