実績紹介「製薬会社 飲料 パッケージデザインリニューアル」

Design-lab

03-6869-1630

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-32-10-3F

実績紹介「製薬会社 飲料 パッケージデザインリニューアル」

スタッフブログ

2018/12/20 実績紹介「製薬会社 飲料 パッケージデザインリニューアル」

皆さまおはようございます。

今日は「Design-lab」実績の中から「飲料 パッケージデザインリニューアル」の事例をご紹介します。

 

「眠眠打破」というブランドのパッケージデザインリニューアルを担当させて頂きました。

全国のコンビニ・高速道路のドライブインなどの小売店で販売しております。

 

今回はリニューアル案件ということもあり、ヒアリング・打ち合わせに相当時間を掛けました。

なぜリニューアルするのか?

特に問題が無ければリニューアルする必要はありません。

もしくは更なるブランドの発展するためにリニューアルする可能性もあります。

そして、リニューアルにはブランドコンセプトやターゲットなども今まで通りで良いのか?

なども大きく関係してきますので、クライアントとのミーティングが今まで以上に大切になります。

 

「眠眠打破」は1997年に発売されこれまでも数回リニューアルしてきました。

常にパワーアップを繰り返してきたブランドです。

今回も新しい成分を追加し、パワーアップしたイメージを付けていきたいという考えがありました。

そして愛飲して頂いている生活者のスタイルも大きく変化しているので、

新しい顧客獲得も行なっていきたいとの事でした。

今までのイメージも残しつつ、パワーアップした新しい「眠眠打破」のイメージを付けなくてはいけません。

したがってイメージカラーは変更せず、ブランド名の配置も変更しませんでした。

店頭で一番わかりやすく、存在感を感じる部分は残すようにしました。

どこで新しさ、パワーアップしか感を出すのか?

パッケージデザイン案を考える中で苦労したのはこの部分です。

 

このパッケージはブランド名が大きく扱われていますので、

背景やアイコンなどをうまくデザインすることにしました。

背景に滑らかな曲線デザインを配置することでパワーアップしたイメージを出し、

そしてキラキラしたシルバーやゴールド印刷で新しさのイメージもプラスしました。

店頭でもさらに目に付くパッケージデザインを意識しています。

 

リニューアル後、新しい層の購入者も着実に増加しているとお聞きしたので、

リニューアルした甲斐があります。

 

「パッケージデザイン」のご用命は「Design-lab」にお任せください。

親切丁寧にデザイン制作させて頂きます。

●東京のデザイン会社「Design-lab」

Mail:info@design-lab.jp

  TEL:03-6869-1630

 

 

productsimg01_pcproductsimg02_pcproductsimg03_pcproductsimg04_pc

 

TOP